ホーム病院情報 > 理事長挨拶

安心・安全な医療・介護・福祉へ粉骨砕身の弛まぬ努力を惜しまず
 一般社団法人徳洲会 理事長 安富祖 久明

理事長挨拶

徳洲会グループ創設の精神は、創設者の徳田虎雄・元理事長の幼少時の原体験にあります。鹿児島県の離島、故郷の徳之島で、夜間に発病した幼い弟を医師に診てもらえず、亡くしてしまった悲しみ、恐怖、怒りが“生命(いのち)だけは平等だ”の徳洲会の理念を産み落としたのです。

徳洲会は1973年の創立後、医療過疎の離島やへき地に病院を建設するために、職員が一丸となって、さまざまな困難を乗り越え、本土の都市部に次々と病院を開設しました。これは都市部に病院を設けることで、医療スタッフなどを確保し、離島・へき地の病院を強力にサポートするためです。その高邁な精神と行動力に対し、高い志をもつ多くの若人たちが賛同して徳洲会グループに参加、協力することによって、今日の徳洲会が築き上げられました。

私たち徳洲会職員は、常に離島・へき地を念頭に置き、医療・介護・福祉サービスを提供しています。これは、「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会」の実現を目指す徳洲会の原点、創設者の精神が生き続けているからこそです。

徳洲会は老朽化した病院の建て替えを積極的に進めています。新病院は近隣の中核病院と比べても、優れた機能をもつ建物であり、そこでは最新の医療機器・設備を駆使し、安心・安全な医療サービスの提供を行っています。これもひとえに、徳洲会グループ全体で離島・へき地医療の充実に力を注いできたことで、日々、原点に立ち返り、患者様が求める医療を追求した結果として、可能になっているのです。

徳洲会グループは創立以来、数多の艱難辛苦を乗り越え、グループを発展させてきました。これは徳洲会の理念実現に向け、全職員が一致団結し、努力を続けてきたからこそ成し得たのであり、それなくしては決して民間最大の医療グループへの成長はありえませんでした。

私のモットーは「継続は力なり」です。徳洲会グループのトップとして全国の病院・施設に継続して足を運び、職員の声に耳を傾け、良い取り組みを見出すとともに、問題点の発見に努め、弛まぬ改善を行うと同時に、イノベーション(革新)にも尽力してまいります。

徳洲会の使命は地域医療への貢献にほかならず、それには健全な経営が欠かせません。先達が築き上げてきた徳洲会グループの礎をさらに強固なものにし、全職員が心をひとつにして安心・安全な医療・介護・福祉に専念できるよう粉骨砕身、努力していく覚悟ですので、今後とも温かいご支援、ご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

ページのトップへ