ホーム 採用情報研修医募集 > 臨床研修プログラム

医学生・研修医情報

臨床研修プログラム

初期臨床研修プログラム

プログラム責任者 院長 加納 宣康
副院長 浅原 新吾
目的と特徴

救急医療とプライマリ・ケアを基礎に総合的な臨床能力を有する、人間を診ることのできる医師の養成。この目的達成のため訪問地域医療も視野に入れ、研修方式としては、スーパーローテート方式を採用し、2年間で内科、外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科、離島僻地研修を必須ローテートとし、並行して救急医療も研修する。

これによって、日常よく遭遇する、疾患の診断と医療の実際を研修し、まれな疾患については、適切迅速なコンサルトができる臨床医を育成することを目標とする。

研修ローテーション割(例)
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
一年次 内科 外科 麻酔科 救急科 小児科 産婦
人科
二年次 精神科 外科 地域保健医療 選択科目
  • 年間を通じて当直診療を行う。(救急分野3ヶ月のうち2ヶ月分を当直で補う。)
  • 各自の希望を調査し、研修委員会にて、決定する。
  • 内科6ヶ月は、消化器・循環器・呼吸器各2ヶ月間研修を行う。
  • 二年次の選択科目は、内科・外科・小児科・産婦人科・リハビリテーション科・脳神経外科・耳鼻咽喉科・整形外科・泌尿器科・麻酔科・病理から選択。
研修内容

一年次は、内科、外科、救急を必須ローテートする。スーパーローテート方式に乗じ、各科を研修し、二年次に後半5ヶ月間の選択科目にて自分の将来の希望診療科へ進む為の前準備としてとりかかる。もちろん、再度実習したい各科目を周ることも可能である。

精神科については、協力病院の同和会 千葉病院、産婦人科については共立習志野台病院または大和徳洲会病院にて研修するものとする。

また、離島僻地研修については、協力型病院・施設にて行うものとする。

お問い合わせ先

〒274-8503 千葉県船橋市高根台2-11-1
千葉徳洲会病院 総務課 清水
Tel:047-466-7111
Fax:047-467-0379
kensyu@chibatoku.or.jp

採用応募フォーム

ページのトップへ