ホーム 病院情報の公表

平成27年度 千葉徳洲会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 47 136 228 478 597 1256 1898 1294 338
定義
10歳刻みの年齢階級別に集計をしています。
当院の特徴
60歳を境に増えており、60歳以上が全体の76.19%と御高齢の方が多くを占めています。30代より疾患の多くは悪性腫瘍であり、特に30代から50代では婦人科系の悪性腫瘍が多くを占めています。60代、70代では肺や肝臓の悪性腫瘍が多く見られます、80代以上になると、誤嚥性肺炎が多くを占めています。
小児の年齢では頭部外傷がほとんどで、10代・20代では虫垂炎や気胸などが上位の疾患となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 153 7.92 11.98 0 71.1
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 119 26.61 21.69 11.76 84.32
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 112 8.98 10.93 4.46 73.02
当院の消化器内科では消化器疾患と誤嚥性肺炎の患者が多い傾向にあります。消化器疾患では肝胆道系の悪性腫瘍のための精査加療の入院が多い傾向にあります。とくに肝動脈塞栓術やラジオ波焼灼術、悪性胆道狭窄に対するステント留置術などを主に行っています。胆管結石、急性胆のう炎での緊急入院も多く、経皮的、内視鏡的処置を行っていますが、これらの疾患の入院期間が全国平均よりも4日少ないという理由は、処置に伴う合併症の少なさを意味しております。皆様に安心して治療を受けていただけるよう、絶えず最先端の技術を習得する努力をしております。また、呼吸器内科でも誤嚥性肺炎を担当していますが、消化器内科としても、一部の誤嚥性肺炎の加療を行っています。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎
(15歳以上)
87 19.56 14.34 0 69.63
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍(化学療法) 61 5.08 13.38 0 70
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 61 36.36 21.69 1.64 82.36
当院の呼吸器科では呼吸器内科疾患の全般の治療を行っております。最も多い症例は肺炎であり、特に高齢者の誤嚥性肺炎の割合が高いです。加齢、脳神経疾患等による嚥下機能障害が高度であるほど治療、嚥下リハビリに難渋し、入院期間が長期化する傾向にあります。肺癌患者は主に化学療法目的で短期入院される患者様で、計画的な繰り返しの治療を要するため件数が多いです。そのほか気管支喘息発作、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪、間質性肺炎等の疾患や、睡眠時無呼吸症候群に対するポリグラフィー検査や、胸部異常陰影に対する気管支鏡検査による入院があります。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患
(心臓カテーテル検査)
113 2.12 3.07 0 69.97
050130xx99000x 心不全 113 16.42 18.30 2.65 80.98
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患
(経皮的冠動脈手術)
42 3.86 4.87 0 69.79
循環器内科で入院検査または治療が必要となる疾患は、心不全、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、不整脈が主です。当院では虚血性心疾患の精密検査である冠動脈造影(カテーテル検査)での入院と心不全の治療のための入院が並んで多くなっています。その次に、冠動脈の狭窄ないし閉塞した部分を拡張する心血管インターベンション治療が多くなっています。
冠動脈造影は2日間、心血管インターベンション治療は3日間の入院で行っています。検査も治療も生命の危険を伴うものですので、本当に必要かどうか十分検討した上で行っていますので、症例数としては決して多い方ではありません。
心不全の原因は多く、最近では高齢化に伴い、高齢者の慢性心不全が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍(手術) 78 9.67 13.03 0 70.63
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍
(肺切除術等)
52 7.48 10.23 0 67.17
060150xx03xx0x 虫垂炎(虫垂切除術・膿瘍を伴わない等) 48 4.9 5.56 0 41.79
当科では胃がん、大腸がん等のがん治療はもとより、虫垂炎、消化管穿孔、腸閉塞といった緊急疾患を多く扱っております。
がん治療は各種ガイドラインにのっとった治療により、緊急疾患は迅速な対応にて治療期間、入院期間の適正化をこころがけております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)エダラボン 157 27.94 18.08 3.18 71.43
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 45 14.38 7.52 6.67 55.18
010070xx97x00x 脳血管障害(手術) 39 13.92 13.48 0 69.28
脳神経外科では、脊椎・脊髄疾患から脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍などの幅ひろい疾患の治療にあたっています。当院は回復期リハビリ病棟を備えており、急性期治療を終えると、継続してリハビリを受けることができ、早期に社会復帰をめざしております。そのため自院の平均在院日数は回復期リハビリ病棟の入院期間も含め、全国と比較すると多くなっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍
(カルボプラチン)
68 4.38 5.17 0 54.97
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍(化学療法) 55 3.75 5.33 0 53
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍(卵巣部分切除術等) 28 9.14 6.50 0 44.79
当院の婦人科は悪性腫瘍を多く治療しています。特に化学療法による治療のため定期的に入院する必要があり、短期間に入院を繰り返す方が多くおります。卵巣の良性腫瘍に対しては卵巣部分切除術等の手術を行う件数が多くあります。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍
(手術)
37 4.68 7.94 0 52.81
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頚部悪性腫瘍手術等
他手術・処置等なし
27 10.7 12.32 0 66.7
03001xxx01110x 頭頸部悪性腫瘍 頚部悪性腫瘍手術等
手術・処置等1あり
25 30.28 42.50 0 64.56
当院耳鼻咽喉科の特色は「がん診療」に特化していることです。耳鼻科領域のがん(喉頭がん、舌がん、咽頭がん、耳下腺がん、甲状腺がんなど)の患者様を多数の耳鼻科クリニックからご紹介いただいている結果、このような数字が出ております。癌専門病院に負けない技術で千葉県のがん診療に貢献したいと願っております。手術は言うまでもなく放射線治療、化学療法も行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍(膀胱悪性腫瘍手術 化学療法) 20 8.3 8.02 0 74.2
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍(前立腺悪性腫瘍手術等) 18 12.06 14.03 0 68.67
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等
(経尿道的レーザー前立腺切除術)
16 6 7.90 0 67.19
泌尿器科では膀胱腫瘍での入院が多くなっております。次いで前立腺癌、前立腺肥大症の順となっております。いずれも手術目的の入院が多いのが特徴です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 35 14 13 40 20 20 1 7
大腸癌 30 23 32 24 10 19 1 6,7
乳癌 12 1 7
肺癌 71 14 67 58 54 27 1 7
肝癌 50 35 40 42 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんのうち、肺がんが291例と最も多かったのですが、その中でも、手術の対象となるStageIが71例と約1/4を占めていました。抗がん剤治療の対象となるStageIII、IVの肺がんも多くみられました。消化管がんでは、胃がん、大腸がんのうち、StageIの症例が多いのは、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)などの内視鏡的手術を積極的に行っているためです。肝細胞がんについてはラジオ波焼灼術の対象となるStageIの症例よりも、StageIII~IVといった、進行したステージの症例も多い傾向にありました。これは他院で治療が困難と診断された、進行肝細胞がんの方が紹介でいらっしゃるためです。他院で治療が難しいと言われた進行肝細胞がん(StageIII~IV)の治療も、でんぷんを用いた一時的肝動脈化学塞栓療法により安全に治療することができます。
※病院情報の公表の集計条件より、10未満の数値の場合は­-(ハイフン)で表示。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 14 9.29 51.14
重症度 1 44 13.91 71.32
重症度 2 47 20.06 78.47
重症度 3 31 17.19 79.29
重症度 4
重症度 5
不明
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症する肺胞(はいほう:空気がたまるとこと)の急性炎症です。
日本呼吸器学会、成人市中肺炎ガイドラインの肺炎重症度分類(A-DROPスコア)により重症度別に集計しています。
※病院情報の公表の集計条件より、10未満の数値の場合は-­(ハイフン)で表示。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他 10 52 74.1 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 247 42.26 73.69 5.81
その他 11 33.82 78 0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 10 23.1 68.9 2.44
その他 31 12.55 69 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。発症から3日以内とその他に分けて集計しています。
※病院情報の公表の集計条件より、10未満の数値の場合は­-(ハイフン)で表示。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)
(選択的動脈化学塞栓術)
122 0.96 6.43 0 71.02
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 83 1.16 11.17 2.41 73.08
K654 内視鏡的消化管止血術 45 0.76 10.98 2.22 72.64
消化器内科では入院期間短縮のため、肝動脈塞栓術では入院当日に治療を行うということも積極的に行っており、平均術前日数が1以下となっています。内視鏡的乳頭切開術は、切開後に結石を除去したり、括約筋の機能不全を改善したりする場合に行いますが、平均在院日数は12日以下と抑えおります。また吐血、下血などに対する内視鏡消化管止血術もほとんどの症例で入院同日に処置を施行し、短期間での入院加療となるようにしています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 44 1.55 2.82 0 69.27
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 20 0.05 17.7 0 65.5
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 18 1.5 2.17 0 69.67
循環器内科の手術は、虚血性心疾患に対する心血管インターベンション治療と不整脈に対するカテーテル焼灼術およびペースメーカー植え込み手術が主です。
急性心筋梗塞に対する救急治療に対応していますが、症例数としては狭心症に対しての十分検討した上での計画的手術が多くなっています。計画的手術の場合は3日間の入院ですが、急性心筋梗塞の場合はリハビリが必要になりますので、2,3週間の入院が必要となります。
カテーテル焼灼術とペースメーカー植え込み手術は同数で並んでいます。やはりカテーテルの場合は3,4日間程度の入院ですが、植え込み手術となると1週間以上の入院が必要になります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 107 0.22 1.39 0 65.33
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 62 0.55 4.26 0 59.1
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 58 2.43 3.88 0 67.05
当科では各種がん治療、緊急疾患に対する手術に加え、短期滞在での鼠径ヘルニア手術を数多く提供しております。
鼠径ヘルニアの手術は殆どが手術当日入院で翌日退院となっております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 45 6.36 28.62 4.44 74.02
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 42 1.57 14.55 0 76.45
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 36 1.56 32.61 11.11 61.39
当院は、日本脊髄外科指導医が在籍しており、脊髄疾患の患者様を多く受け入れております。次いで慢性硬膜下血腫に対する洗浄術があり、これは脳外科一般的に頻度の多い疾患です。頭部外傷などにより硬膜下に血がたまり、歩行障害や認知症状を起こすため、緊急に手術を行うことが多くあります。脳動脈瘤頸部クリッピングは脳動脈瘤に対する手術です。船橋市の救急を担っていることもあり、救急隊と連携を組んで脳動脈瘤の破裂によるくも膜下出血の予防を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 32 2.06 6.28 0 44.56
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 13 2.54 9.92 0 61.69
K879 子宮悪性腫瘍手術 12 2.25 17.17 8.33 58.58
卵巣の良性腫瘍に対する手術を多く行っています。患者様の状況に応じて腹腔鏡下や開腹手術を十分に検討して行います。また子宮がんや卵巣がんに対する手術も多く実施しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 119 0 1 0 77.18
水晶体再建術は白内障に対する手術です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K386 気管切開術 26 1.19 35.96 7.69 60.58
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 24 0.08 4.21 0 55.83
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 11 0.18 4.73 0 51.73
当院耳鼻咽喉科ではがん診療の他に良性腫瘍にも力を注いでおります。たとえば大きな耳下腺腫瘍摘出の場合でも顔面神経を無傷で温存する技術などです。甲状腺腫瘍においても手術後の発声機能障害や嚥下障害が出ぬよう、細心の注意を払い手術を行っております。進行癌では呼吸確保のため気管切開術を行う場面が多く、26例に行いました。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 30 1.43 5.7 0 70.5
K843 前立腺悪性腫瘍手術 18 1 10.06 0 68.67
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 17 1 12.12 5.88 72.94
泌尿器科手術で最も多いのは膀胱癌に対する経尿道的手術です。前立腺癌に対してはロボット支援腹腔鏡下手術を行っております。経尿道的尿管ステント留置は尿管結石や悪性腫瘍などで尿管の通過障害の解除を目的に行う手術が第3位となっております。また前立腺肥大症に対してはレーザー手術、腎癌や腎盂尿管癌に対して積極的に腹腔鏡下手術をおこなっており、低侵襲手術の割合が多いのが特徴です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 25 0.4
180010 敗血症 同一 20 0.32
異なる 49 0.78
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 23 0.37
異なる
各疾患別に医療資源を最も投入した傷病名と入院の契機となった傷病名が同一か否かで件数を集計しています。

手術・処置等の合併症の内訳
術後出血、術後感染症、吻合部狭窄、植込カテーテル閉塞、カテーテル感染症、透析シャント狭窄、VPシャント機能不全
合併症の発生率は医療の性質上無くすことは出来ませんが、発生を最小限に留められるよう医療の質の向上に取り組んでまいります。
※病院情報の公表の集計条件より、10未満の数値の場合は­-(ハイフン)で表示。
更新履歴
2016.9.28
病院情報の公表を掲載