ホーム診療科のご案内 > 泌尿器科

診療科のご案内 泌尿器科

泌尿器科とは

泌尿器科とは、副腎や尿路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)などの後腹膜臓器、そして前立腺、精巣などの男性器に関する疾患を扱う診療科です。また、婦人科領域とも重なる疾患として骨盤臓器脱、尿失禁があり、当科でもこれらの疾患の治療を行っております。当科では、腎移植や小児泌尿器科を除いたほぼすべての疾患を対象として診断・治療を行っております。これまで泌尿器科の常勤医師1名で対応しておりましたが、2017年4月より、当院泌尿器科が東京大学泌尿器科の関連・提携先施設となりましたことで、泌尿器科専門医3名が赴任することとなりました。これにより地域の医療機関の先生がたの診療依頼にこれまで以上にこたえられることとなり、さらには当科で治療できない疾患に関しても関連・提携施設に患者さまを紹介できることが可能となりました。さらに、地域連携病院との協力体制をいままで以上に積極的に深めていくことで、地域住民がたのみならず県内の住民のニーズにもこたえられるように努力していく所存でございます。

病気の治療は戦略が一番重要です。技術の高い良い手術をおこなっても、それが戦略的に患者に合った効果のあるものでなければ、そして患者の社会的背景に適合した方法でなければかえって害になることもあり得ます。当科では、最新の医学的エビデンスに基づきながらも、患者ひとりひとりに適した最良の治療戦略のもとに治療方法を提示・提供することを目標とします。なかでも癌に対しての低侵襲手術を専門としており、腹腔鏡手術やロボット支援下手術を得意としております。数多くの手術経験をもとにデータ解析を行いロボット手術の手法をグレードアップし、同時にロボット手術に関する多くの論文を発表してまいりました[業績参照]。検査や診断、治療方法に関して話だけでもぜひ相談しにいらしてください。

前立腺癌に対する治療方法では、569人の前立腺全摘と322人の放射線外照射を比較した東大病院の報告がありますが、全生存率および癌特異的生存率において全摘群でより良い成績が得られました[Taguchi S, Fujimura T et al., PLoS One 2015]。また、ロボット支援下前立腺摘出術に関しても従来の開腹手術と比較しますとロボット手術で断端陽性率(pT2患者で10% vs 33%)やPSA再燃率(8.6% vs 25%)とロボット手術に優位な成績が得られました[Fujimura T, Yamada Y et al., BMC Cancer 2017]。最新の動向では、海外の報告で転移を有する前立腺癌においてもロボット前立腺全摘を行った論文も報告されており[Sooriakumaran P et al., Eur Urol 2016]、中リスク~ハイリスクを飛び越えて微小転移のある前立腺癌までもロボット支援下前立腺摘除術の手術適応の可能性がひろがっております。当科ではさらに、低リスクの前立腺癌に対しても、患者さまのQOLを考慮し、術後の尿禁制や勃起能を回復するべく最大限の陰茎海綿体神経温存術を行う術式を採用しております。もちろん癌の状態にもよりますが、本人の希望を可能なかぎり尊重し、陰茎海綿体神経束を温存する方針です。

手術日は、月、金ですが、手術件数の増加に伴い2017年10月より水曜日も新たに手術日となりました。外来も同様に増加しており、月に100件以上の新規患者さまが受診されます。したがって、外来日は診療医全員で外来にあたっておりますが、それでも相当な待ち時間の負担を背負わせてしまう状態にあります。これを解決するために当科では、地域のクリニックや開業医の先生がたとも密に連携をとり、逆紹介を推進し、地域医療機関からの紹介を増やしていただくことで、地域の医療を活性化し、より一層、地域の住民の健康に寄与できるよう貢献していきたいと考えておりますのでよろしくお願い申し上げます。

泌尿器科 部長
山田 雄太

■基本担当表

担当医・診療時間は都合により変更する場合がございますのでご了承下さい。「★」は予約制です。
今週の担当表は、「受付時間&外来担当表」ページの「各科外来担当表」をご確認ください。

診察
午前(1診)
午前(2診)
午後(1診)
午後(2診)

ページのトップへ

医師のご紹介

泌尿器科部長
山田 雄太 [常勤]

■専門分野

泌尿器科

■資格

日本泌尿器科学会指導医・専門医
がん治療認定医
日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
ロボット手術認定医

■略歴

2003年筑波大学卒業

泌尿器科医師
小倉 悠司 [常勤]

■専門分野

泌尿器科

■資格

日本泌尿器科学会専門医
がん治療認定医
ロボット手術認定医

■略歴

2009年聖マリアンナ医科大学卒業

泌尿器科医長
竹内 昭慶 [常勤]

■専門分野

泌尿器科

■資格

日本泌尿器科学会専門医
ロボット手術認定医

■略歴

2009年昭和大学卒業

診療科実績

■泌尿器科手術件数 2017/1/1~12/31

術式 2017年
件数 内腹腔鏡orロボット
副腎摘出術 1 1
根治的腎摘除術 12 10
腎部分切除術 2 0
単純腎摘除術 1 1
腎尿管全摘除術 0 0
膀胱全摘除術 0 0
TURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術) 52
前立腺全摘除術 40 40
PVP(前立腺レーザー蒸散術) 17
前立腺生検 214
その他 53
合計 392 52

ページのトップへ

業績(論文)リスト

  • Takayama KI, Suzuki T, Fujimura T, Yamada Y, Takahashi S, Homma Y, Suzuki Y, Inoue S. Dysregulation of spliceosome gene expression in advanced prostate cancer by RNA-binding protein PSF. Proc Natl Acad Sci U S A 2017. 114(39): 10461-10466.
  • Yamada Y, Fujimura T, Fukuhara H, Sugihara T, Miyazaki H, Nakagawa T, Kume H, Igawa Y, Homma Y. Overactive bladder is a negative predictor of achieving continence after robot-assisted radical prostatectomy. Int J Urol 2017. 24(10): 749-756.
  • Yamada Y, Fujimura T, Fukuhara H, Sugihara T, Nakagawa T, Kume H, Igawa Y, Homma Y. Predictors of early continence after robot-assisted radical prostatectomy. Lower Urin Tract Symptoms 2017. doi:10.1111/luts.12181.
  • Fujimura T, Fukuhara H, Taguchi S, Yamada Y, Sugihara T, Nakagawa T, Niimi A, Kume H, Igawa Y, Homma Y. Robot-assisted radical prostatectomy significantly reduced biochemical recurrence compared to retro pubic radical prostatectomy. BMC Cancer 2017; 17(19):454.
  • Yamada Y, Fujimura T, Fukuhara H, Sugihara T, Takemura K, Kakutani S, Suzuki M, Nakagawa T, Kume H, Igawa Y, Homma Y. Incidence and risk factors of inguinal hernia after robot-assisted radical prostatectomy. World J Surg Oncol 2017; 15(1):61.
  • Yamada Y, Takayama K, Tetsuya F, et al. A novel prognostic factor TRIM44 promotes cell proliferation and migration, and inhibits apoptosis in testicular germ cell tumor. Cancer Sci 2017; 108(1):32-41.
  • Yamada Y, Nakagawa T, Sugihara T, Horiuchi T, Yoshizaki U, Fujimura T, Fukuhara H, Urano T, Takayama K, Inoue S, Kume H, Homma Y. Prognostic value of CD66b positive tumor-infiltrating neutrophils in testicular germ cell tumor. BMC Cancer 2016; 16(1): 898.
  • Yamada Y, Fujimura T, Fukuhara H, et al. Measuring contact pressure of lower extremities in patients undergoing robot-assisted radical prostatectomy. Urol Int 2016; 96(3): 268-273.
  • Fujimura T, Inoue S, Urano T, Takayama K, Yamada Y, Ikeda K, Obinata D, Ashikari D, Takahashi S, Homma Y. Increased expression of Tripartite Motif (TRIM) 47 is a negative prognostic predictor in human prostate cancer. Clin Genitourin Cancer 2016; 14(4): 298-303.
  • Obinata D, Takada S, Takayama K, Urano T, Ito A, Ashikari D, Fujiwara K, Yamada Y, Murata T, Kumagai J, Fujimura T, Ikeda K, Horie-Inoue K, Homma Y, Takahashi S, Inoue S. Abhydrolase domain containing 2, an androgen target gene, promotes prostate cancer cell proliferation and migration. Eur J Cancer 2016. Doi: 10.1016/j.ejca.2016.01.002.
  • Fujimura T, Menon M, Fukuhara H, Kume H, Suzuki M, Yamada Y, Niimi A, Nakagawa T, Igawa Y, Homma Y. Validation of an educational program balancing surgeon training and surgical quality control during robot-assisted radical prostatectomy. Int J Urol 2016; 23(2): 160-166.
  • Fujimura T, Takahashi S, Kume H, Urano T, Takayama K, Yamada Y, Suzuki M, Fukuhara H, Nakagawa T, Inoue S, Homma Y. Toremifene, a selective estrogen receptor modulator, significantly improved biochemical recurrence in bone metastatic prostate cancer: a randomized controlled phase IIa trial. BMC Cancer 2015. Doi: 10.1186/s12885-015-1871-z.
  • Fujimura T, Yamada Y, Sugihara T, Azuma T, Suzuki M, Fukuhara H, Nakagawa T, Kume H, Igawa Y, Homma Y. Nocturia in men is a chaotic condition dominated by nocturnal polyuria. Int J Urol 2015; 22(5): 496-501.
  • Fujimura T, Takahashi S, Urano T, Takayama K, Sugihara T, Obinata D, Yamada Y, Kumagai J, Kume H, Ouchi Y, Inoue S, Homma Y. Expression of androgen and estrogen signaling components and stem cell markers to predict cancer progression and cancer-specific progression and cancer-specific survival in patients with metastatic prostate cancer. Clin Cancer Res 2014; 20(17): 4625-4635.
  • Yamada Y, Minowada S, Homma Y. Predictors for deterioration of renal function after nephron sparing surgery. Jpn J Urol Surg 2013; 26(12), 1819-1824.
  • Yamada Y, Fujimura T, Takahashi S, et al. Clinical Significance of Amyloid Precursor Protein in Patients with Testicular Germ Cell Tumor. Adv Urology. Volume 2013, Article ID 348438, 2013.
  • 山田雄太、高橋淳子、金村三樹郎、ほか. 原発性女子尿道癌の4例.日本泌尿器科学会雑誌 2012;103(5): 675-680.
  • Yamada Y, Minowada S, Aruga T, et al. Contracted bladder developing after brachytherapy. Int J Urol 2012; 19(10) 951-953.
  • 山田雄太、簑和田滋、藤村哲也、ほか. 小切開前立腺全摘除術における術中出血量の検討―BMI,前立腺体積との関係―.日本泌尿器科学会雑誌 2011; 102(3): 581-585.
  • Yamada Y, Hirano Y, Fujimura T, et al. Huge hematoma following transrectal ultrasound guided biopsy of the prostate. Jpn J Urol Surg 2009; 22(6): 823-825.
  • 山田雄太、高橋悟、藤村哲也、ほか. 抗アンドロゲン剤の骨回転・骨密度に与える影響.泌尿器外科 2009; 22(6), 745-749.
  • Yamada Y, Takahashi S, Fujimura T, Nishimatsu H, Ishikawa A, Kume H, Tomita K, Takeuchi T, Kitamura T. The effect of combined androgen blockade on bone turnover and bone mineral density in men with prostate cancer. Osteoporos Int 2008; 19(3):321-327.
  • Yamada Y, Tomita K, Fujimura T, Nishimatsu H, Takeuchi T, Kitamura T. Metachronous testicular tumor developing eight years after retroperitoneal extragonadal germ cell tumor. Int J Urol 2008; 15(3):267-269.
  • Yamada Y, Fujimura T, Yamaguchi T, Nishimatsu H, Hirano Y, Kawamura T, Teshima S, Takeuchi T, Kitamura T. Lymphoepithelioma-like carcinoma of the renal pelvis.Int J Urol 2007;14(12):1093-1094.
  • Yamada Y, Fujimura T, Minowada S,et al. Marked improvement in a patient with bone metastases of the clear cell adenocarcinoma of the bladder.Jpn J Urol Surg 2006; 19(7): 857-859.
  • Yamada Y, Fujimura T, Takahashi S, Takeuchi T, Takazawa Y, Kitamura T. Tubulovillous adenoma developing after urinary reconstruction using ileal segments. Int J Urol 2006; 13(8):1134-1135.
  • 山田雄太、藤村哲也、小林史岳、ほか. 外尿道口に再発した外陰部Paget病の1例. 泌尿器外科 2006; 19(5):637-639.
  • ページのトップへ