ホーム診療科のご案内 > 呼吸器内科

診療科のご案内 呼吸器内科

呼吸器内科とは

これからの医療は、患者に対する全人的医療、患者により優しい医療が求められております。呼吸器領域においても例外ではありません。より幅広い観点からの対応、治療が可能と考えております。呼吸器疾患のより重要な位置を占める肺癌は、その生物学的悪性度、診断の困難もあり、手術適応となる方は3分の1にすぎず、いまだ難治性疾患です。診断、内視鏡検査、手術、内視鏡治療、呼吸器リハビリ、緩和ケア等幅広い視点からの診療が重要と考えます。最近社会的にも話題となっております睡眠時無呼吸症候群は、高血圧、高脂血症、脳血管障害、心疾患、消化器疾患などの多岐にわたり関連性を指摘され、今後ますます医学的にも重要な分野です。当科でも睡眠時無呼吸検査および治療を開始しました。また呼吸器リハビリは、急性期呼吸器疾患のみならず、慢性閉塞性肺疾患等の慢性呼吸器疾患において、今後重要性を増すとものと考えており、積極的に取り入れていきます。常に、最新医療を視野に入れた呼吸器診療を追求してまいります。

■呼吸器内科の特徴

1.肺癌の診断(気管支鏡検査、胸腔鏡検査、高分解能CT検査、PET検査)および治療(内視鏡手術、気管支鏡下治療、抗がん剤治療)
2.慢性閉塞性肺疾患・肺気腫の診断および治療
3.睡眠時無呼吸症候群の精密検査および治療


4.気管支喘息
5.間質性肺炎、細菌性肺炎等の診断および治療
6.自然気胸(内視鏡手術)
7.胸水の診断および治療

■基本担当表

担当医・診療時間は都合により変更する場合がございますのでご了承下さい。「★」は予約制です。
今週の担当表は、「受付時間&外来担当表」ページの「各科外来担当表」をご確認ください。

診察
午前(1診)
午前(2診) (第1.3.5)
(第2.4)
午後 (第1.3.5)

ページのトップへ

医師のご紹介

呼吸器科部長 石森 章太郎 [常勤]

■略歴

1994年岩手医科大学卒業

■資格

日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医
日本内科学会認定医
がん治療認定医

呼吸器内科医長 藤原 赤人 [常勤]

■略歴

2003年北里大学卒業

■資格

日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医

ページのトップへ

呼吸器科の掲載記事

ページのトップへ