ホーム診療科のご案内 > 回復期リハビリ病棟

その他 回復期リハビリ病棟

回復期リハビリ病棟とは

リハビリテーションとは単に訓練ということではなく、「生活の再建」と「ノーマライゼーション」の理念に基づく地域づくりのための全ての活動です。
当院では、専門職によるチームアプローチと地域連携を通し、発症から退院後の在宅生活を支える総合的なリハビリテーションを展開しています。
回復期リハビリテーション病棟では、疾病や怪我によりリハビリテーションを必要とする患者様に対して、日常生活活動(食事、更衣、排泄、移動、会話など)の向上、寝たきりの防止と家庭復帰を支援します。また、リハビリテーションプログラムを医師、看護師、看護助手、医療相談員、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が共同で作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行う為の病棟です。

入院から退院までの流れ

入院の相談

医療相談室 医療福祉相談員に連絡
047-466-7111

入院相談外来(予約制)

毎週金曜日/午前

入院

■リハビリテーション評価・訓練
■リハビリテーション・ケース・カンファレンス
患者様の各担当スタッフが参加し、患者様の方向性を検討します。
また、検討内容は月に1度主治医より説明があります。
※個人の状態により異なります。

退院準備

家屋評価 実際にご自宅に担当スタッフが訪問し、退院後の生活を想定して家屋の評価、改修案の提案をします。
家族指導 ご自宅で行う身の周り動作の介助方法について、担当スタッフから説明があります。
栄養指導 栄養管理が必要な方に、専門の栄養士から指導があります。
外出、外泊訓練 退院後の生活を想定して、ご自宅に一時帰宅します。

退院、もしくは自宅退院

訪問リハビリ 退院直後の在宅生活の安定を目的とした短期集中訪問リハビリを行います。(居住地により訪問できない場合もあります。)

*「リハビリ友の会」
*「さえずり会」へ参加し、活動の幅を広げる事も可能です。

ページのトップへ

入院生活について

6:00 起床
7:00 洗面・更衣等
8:00 朝食
9:00
10:00 リハビリ訓練・検査等
11:00
12:00 昼食
13:00
14:00
15:00 リハビリ訓練・検査等
16:00
17:00
18:00 夕食
19:00
20:00 就寝準備等
21:00 消灯

就寝時は寝巻き、日中は普段着に着替えます。
生活全般をリハビリとして捉え病棟生活を送ります。患者様が主体的に活動できるように支援しています。
患者様のリハビリにはご家族様の支えも大切です。回復期リハビリテーション病棟では、患者様の活動時間内はご家族様の面会時間に制限はありません。

■入浴

男性 月曜日、木曜日
女性 火曜日、金曜日

ページのトップへ

当院での取り組み

年間行事

春・秋に行う屋外訓練
クリスマス会

患者会との交流

  • ■船橋リハビリ友の会

    「閉じこもりをなくそう!」「旅は最高のリハビリ」「家族同士の情報交換」を趣旨・目的として活動している患者・家族中心の会です。月2回のふれあい広場や春秋の日帰り旅行、2年に1度の1泊旅行などの活動をしています。

  • ■失語症友の会(さえずり会)

    コミュニケーションが難しい方と、そのご家族様が退院後も社会参加と仲間作りを継続できるように活動しています。月1回の茶話会、年1回の日帰り旅行などの活動をしています。

ページのトップへ

対象となる患者様と入院期間

疾患 発症から入院までの期間 入院期間
脳血管疾患・脊髄損傷・頭部外傷・くも膜下出血のシャント術後・脳腫瘍・脳炎・急性脳症・脊髄炎・多発性神経炎・多発性硬化症・腕神経叢損傷等の発症もしくは手術後 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷・頭部外傷を含む多発外傷 180日
大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・膝関節の骨折または、二肢以上の多発骨折の発症後もしくは手術後 2ヶ月以内 90日
外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有する、手術後または発症後 2ヶ月以内 90日
大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・膝関節の神経・筋・靭帯損傷後 1ヶ月以内 60日
股関節・膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

ページのトップへ

回復期リハビリ病棟の実績

■【2018/1/1~12/31】

入院患者の疾患別内訳 症例数 割合(%) 入院日数(日)
脳血管疾患〔脊髄損傷、頭部外傷も含む〕 106↑ 57↑ 87↑
整形疾患〔大腿骨骨折、脊髄圧迫骨折など〕 70↑ 37↑ 63↓
廃用症候群〔術後、肺炎後など〕 12↓ 6↓ 46↓
総計 188↑ 75↑
入院患者の居宅復帰率 症例数 居宅 転科・転院 死亡 居宅復帰率(%)
脳血管疾患 106 75↑ 15↑ 0 82.4%↓
整形疾患 70 47↑ 13↑ 0 82.5%↓
廃用症候群 12 7↓ 4↓ 0 87.5%↑
全体 188 129↑ 32↑ 0 82.7%↓
ADLの改善(FIMの変化) 入院時平均 退院時平均 FIM利得 FIM効率
脳血管疾患 53.2↓ 83.4↓ 30.2↑ 0.347↓
整形疾患 64.4↑ 88.5↓ 24.1↓ 0.383↓
廃用症候群 56.1↓ 77.9↓ 21.8↑ 0.474↑
全体 57.6↓ 84.9↓ 27.3↓ 0.364↓
日常生活機能評価 入院時平均 退院時平均 利得
脳血管疾患 8.67↑ 4.66↑ -4.01↑
整形疾患 7.09↑ 3.79↑ -3.30↓
廃用症候群 8.00↓ 5.50↑ -2.50↓
全体 8.04↑ 4.39↑ -3.65↓
重症度(10点以上) 入院時 退院時 退院時4点以上の改善
脳血管疾患 44/106=46.2%↑ 25/106=23.6%↑ 25/49=51.0%↑
整形疾患 19/70=27.1%↑ 11/70=15.7%↑ 6/19=31.6%↓
廃用症候群 5/12=41.7%↑ 4/12=33.3%↑ 2/5=40.0%↓
全体 73/188=38.8%↑ 40/188=21.3%↑ 33/73=45.2%↑
紹介先 院内 院外
脳血管疾患 89/106=84.0% 17/106=16.0%
整形疾患 19/70=27.1% 51/70=72.9%
廃用症候群 11/12=91.7% 1/12=8.3%
全体 119/188=63.3% 69/188=36.7%

ページのトップへ