ホーム診療科のご案内 > 肝胆膵外来

専門外来 肝胆膵外来

肝胆膵外来とは

良性疾患であるウイルス性肝炎の治療(C型肝炎に対するインターフェロン治療.現在は主にペグインターフェロンを週1回投与する方法をとっている)や、原因不明の急性肝障害などの加療も行っております。また胆石や胆管炎による急性胆嚢炎、胆管炎などに対しては積極的に腹腔鏡下胆嚢摘出術や内視鏡治療(内視鏡的乳頭括約筋切開術+砕石術)を行っております。
悪性腫瘍に対しては、肝生検による組織検査,内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)の手技を使った細胞診検査などにより精密検査を行い、手術適応があれば外科にて切除という方針としております。

また、治療に関しては、切除可能なものであれば基本的には切除としています。肝機能が悪い原発性肝がん(肝細胞癌)の場合には術中ラジオ波焼灼術を選択する場合もあります。
切除不能の肝がん(原発および転移)に対してはインターベンション治療(カテーテルを使った肝動脈塞栓術,肝動注療法)やラジオ波焼灼術(RFA),エタノール注入療法(PEIT)を行っています。
それ以外にも,膵・胆道がんによる閉塞性黄疸の治療(PTBD,ERBD),外来化学療法(抗がん剤による治療)などを行っております。

特に、大血管に伸展するような進行肝細胞癌,転移性肝がんの治療に関しては、他ではあまりされていない、でんぷんと抗がん剤を用いた一時的肝動脈化学塞栓療法という治療を行い、徳洲会病院でも良好な成績をあげつつあります。

他の病院で、「もう治療はできない」と言われ、お困りでいらっしゃる方も、一度レントゲンフィルムを持ってきていただければ治療が可能かどうかご相談させていただきます。

  • 膵がんに対するがんペプチドワクチン療法の第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験を行ないました

膵がんに対するペプチドワクチン療法について

ページのトップへ

■基本担当表

担当医・診療時間は都合により変更する場合がございますのでご了承下さい。
「★」は予約制です。

最新の各科外来担当表はこちらをご確認ください ▶

診察
内科(午後)

ページのトップへ

医師のご紹介

脳神経外科部長 福田 直

■専門分野

内科一般 ・消化器内科 ・肝胆膵内科

■資格

日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会専門医
日本医師会認定産業医
がん治療認定医
人間ドック健診情報管理指導士
日本消化器病学会関東支部例会評議員
医学博士

■略歴

1990年広島大学医学部卒業。癌研有明病院を経て、2007年千葉徳洲会病院 副院長に着任。

ページのトップへ