ホーム診療科のご案内 > 頭頸部外科

診療科のご案内  頭頸部外科

頭頸部外科とは

頭頸部外科では、“一人ひとりの患者様に最善の治療を!”を絶対的な方針として掲げ、耳鼻咽喉科領域【鎖骨から上の頭頸部(脳と眼球は除く)】にできる悪性・良性腫瘍いわゆる『頭頸部がん』の診断・治療・手術を専門に行っております。また、がんを中心にした(セカンドオピニオン)も広く受け付けております。

頭頸部外科の絶対的方針

~一人ひとりの患者様に最善の治療を~

例えば、同じ“咽頭がん”であっても、がんの大きさ・形などは異なります。さらに、年齢や職業、ご家庭での立場、死生観なども異なります。したがって、患者様にとっての最適な治療もそれぞれで異なることになります。当センターでは、“一人ひとりの患者様の希望や背景を十二分に聞き取ったうえで、最適な治療方法を一緒に考えていくこと”を唯一無二の方針としております。

  • 最善の治療を

■基本担当表

担当医・診療時間は都合により変更する場合がございますのでご了承下さい。
「★」は予約制です。

最新の各科外来担当表はこちらをご確認ください ▶

診察
午前
午後

ページのトップへ

医師のご紹介

40年の経験と執刀手術件数4000例を超える
頭頸部がん専門医

耳鼻咽喉科/頭頸部外科センター長 鎌田 信悦

■専門分野

頭頸部がん・頭頸部腫瘍・ 耳下腺腫瘍・
副咽頭間隙腫瘍・頭蓋底外科

■略歴

1970年北海道大学卒業。
国際医療福祉大学元教授、前がん研究会有明病院頭頸科部長、日本頭頸部癌学会監査役、元日本頭頸部癌学会理事、元日本気管食道学会理事、元日本頭蓋底外科学会理事、元日本頭頸部外科学会理事、元日本咽頭科学会評議員、 元日本嚥下医学会評議員、第24回頭頸部腫瘍学会会長、第19回日本頭蓋底外科学会会長

■資格

日本頭頸部外科学会認定指導医
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医
日本気管食道科学会認定医
医学博士

■メディア等

週刊文春8月13日・20日 夏の特大号『本当に手術が巧いがん外科医107人リスト 完全保存版』にて
当院の耳鼻咽喉科・頭頸部外科センター長 鎌田医師が紹介されました。

頭頸部外科センター医長
黒坂 正生 [常勤]

■専門分野

口腔がん・口腔腫瘍・顎口腔再建

■資格

日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医(歯科口腔外科)
日本口腔腫瘍学会 暫定口腔がん指導医

■略歴

2006年日本歯科大学卒業

頭頸部外科センター医師 伏見 千宙

■専門分野

口腔がん・口腔腫瘍

■資格

歯学博士

■略歴

2001年日本大学卒業

頭頸部外科センター医長
後藤 俊行 [常勤]

■専門分野

口腔がん・口腔腫瘍

■資格

日本口腔外科学会認定 口腔外科専門医
日本有病者歯科医療学会認定医
歯学博士

■略歴

1997年日本大学卒業

ページのトップへ

診療科実績

■頭頸部外科の手術件数【2017/1/1~12/31】

術式 手術件数
口腔癌 舌癌 19
口腔底癌 3
頬粘膜癌 2
その他(歯肉癌) 2
鼻副鼻腔癌 上顎部分切除術 1
中咽頭癌 扁桃癌 1
舌根癌 2
下咽頭癌 咽頭喉頭全摘術 8
喉頭癌 喉頭全摘術 5
唾液腺 耳下腺良性浅葉切 26
耳下腺良性全摘術 6
顎下腺がん 2
顎下腺良性腫瘍 15
甲状腺 甲状腺がん片葉切除 11
甲状腺癌全摘 4
良性疾患 10
頸部郭清術 14
微小血管吻合術による遊離皮弁移植再建術 18
有茎皮弁による再建術 1
副咽頭間隙腫瘍摘出術 8
その他手術 176
総手術件数 334

ページのトップへ

頭頸部がんの特徴

頭頸部がんは胃がんや肺がんに比べると少なく、全がんの約5%と患者様の数が少ないこともあり手術可能な施設が少ない。さらに、機能再建まで行える医療機関はごくわずかであるのが特徴です。また、がんが発生する部位やステージによって治療法が異なるので、手術手技の習熟が難しいことも特徴です。 鎌田センター長は、とくに機能の再建術に注力しており、頭頸部がんの累計手術数が約4,000例、そのうち1,250例以上で再建術を行っています。(ともに1977年―1997年の約20年間。現在は各数百例増加見込み)これは、全がんの約5%が対象となる頭頸部がんにおいて、世界トップクラスの経験症例数であります。

頭頸部がんには、次のような“がん”が含まれます

耳下腺がん、鼻腔がん、副鼻腔がん、舌がん、咽頭がん、喉頭がん、甲状腺がん

顔や首にできるがんのため、治療において患者様やご家族様のQOL(生活の質)に直結する声や言葉、咀嚼、嚥下機能、表情、嗅覚、視力と極めて重要な機能や見た目が失われることもあります。

そのため、がん治療はもちろんのこと、機能が失われることにより患者様のQOL(生活の質)が著しく低下することがないように可能な限りの再建が重要な課題であり大きな特徴となります。

■頭頸部外科で扱う腫瘍性疾患など

・頭頸部腫瘍 ・顔面や頸部の腫瘍 ・耳下腺腫瘍 ・副咽頭間隙腫瘍
・甲状腺腫瘍 ・サイバーナイフ治療 ・セカンドオピニオン(予約制です)

ページのトップへ

頭頸部がんの自己診断

■頭頸部がんの自己診断をしてみましょう