ホーム診療科のご案内 > 消化器内科

診療科のご案内 消化器内科

消化器内科とは

消化器内科では、消化管(食道、胃、小腸、大腸)、肝臓、胆道・膵臓それぞれの良悪性疾患を、その分野でのエキスパートが全国レベルの最先端の技術と知識を持って正確な診断と負担の少ない確実な治療を行います。また救急疾患にもすべて対応する体制をとっています。

『消化管疾患』 内視鏡、X線を用いた食道癌、胃癌、大腸癌の早期診断・内視鏡治療を特に専門としています。その他逆流性食道炎、胃炎、機能性ディスペプシア、ピロリ菌感染症、急性腹症、消化管出血、炎症性腸疾患など幅広い疾患を診療しております。 平成26年7月から内視鏡センターを開設しました。最新の医療機器を導入して上部下部内視鏡検査、拡大内視鏡検査、画像強調内視鏡検査、超音波内視鏡検査、小腸バルーン内視鏡検査、カプセル内視鏡検査などのすべての消化管疾患に対応できる検査を行います。 また検査を楽に受けていただくように鎮静剤使用による内視鏡検査、経鼻内視鏡検査も積極的に行っていきます。

『肝胆膵疾患』 この領域のすべての急性、慢性および悪性疾患を専門としています。重症急性肝炎に対する血漿交換療法、慢性肝炎では、B型慢性肝炎、C型慢性肝炎に対する抗ウイルス療法を積極的に行っております。また、肝細胞癌・転移性肝癌に対するラジオ波焼灼術、エタノール注入療法、血管内治療(肝動脈塞栓術)、さらに膵癌、胆道癌に対する化学療法や、内視鏡的胆道ドレナージ術(EBD)、経皮経肝的胆道ドレナージ術(PTCD)などのインターベンション治療を行っています。当院の特徴としては、他病院で治療が困難と言われた進行肝細胞癌・転移性肝癌の患者様に対して、でんぷんを塞栓物質として使用する血管内治療を行い、良好な成績を得ています。また、平成26年2月に保険適応となったばかりのビーズを用いた最先端の肝動脈化学塞栓術を早速取り入れています。急性閉塞性化膿性胆管炎に対する緊急内視鏡治療(EST、ENBD)、急性胆嚢炎に対する緊急ドレナージ術(PTGBD)、重症急性膵炎に対する持続動注療法や持続的血液濾過透析(CHDF)にもオンコール担当医が24時間対応しています。

地域の皆様がいつでも安心して身体を預けられる病院となるよう、これからもたゆまぬ努力をしてまいります。

  • 膵がんに対するがんペプチドワクチン療法

■基本担当表

担当医・診療時間は都合により変更する場合がございますのでご了承下さい。「★」は予約制です。
今週の担当表は、「受付時間&外来担当表」ページの「各科外来担当表」をご確認ください。

診察
午前(1診)
午前(2診)
午前(3診)
午後

ページのトップへ

医師のご紹介

副院長 浅原 新吾

■専門分野

内科一般/消化器内科/肝胆膵内科

■略歴

1990年広島大学医学部卒業後、同大学附属病院、順天堂大学病院、癌研究会有明病院を経て2007年千葉徳洲会病院 内科診療部長、2007年 千葉徳洲会病院 副院長となる。

■資格

日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会専門医
日本医師会認定産業医
がん治療認定医
人間ドック健診情報管理指導士
日本消化器病学会関東支部例会評議員
医学博士

医師のご紹介

内視鏡センター長 長濵 隆司

■専門分野

消化器内科/消化管疾患/消化器内視鏡・X線・内視鏡治療

■略歴

1990年3月福岡大学卒業
1990年6月鹿児島大学第二内科入局
1995年6月順天堂大学消化器内科 画像診断研究室
1998年4月東京都がん検診センター
2002年6月早期胃癌検診協会 中央診療所 診療部長
2010年4月早期胃癌検診協会 中央診療所長
2012年4月早期胃癌検診協会 附属茅場町クリニック(組織名変更) 所長
2014年4月千葉徳洲会病院 消化器内科・内視鏡センター長

■資格

日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器がん検診学会指導医・評議員、編集委員、胃がん検診精度管理委員
日本がん検診診断学会 広報委員
早期胃癌研究会 運営委員、運営幹事
臨床消化器病研究会 世話人
千葉消化器画像診断研究会 世話人
千葉消化器疾患研究会 世話人
医学書院 胃と腸 編集委員
千葉県民保健予防財団 精度管理委員
公益財団法人 早期胃癌検診協会 評議員

消化器内科部長
山本 栄篤 [常勤]

■専門分野

消化器内科

■資格

日本消化器病学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、関東支部評議員
日本内科学会認定内科医

■略歴

1994年順天堂大学卒業

消化器内科部長
松村 祐志 [常勤]

■専門分野

消化器内科/肝胆膵内科

■資格

日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
がん治療認定医
日本胆道学会指導医・専門医
医学博士

■略歴

1999年順天堂大学卒業

消化器内科医師
外山 雄三 [常勤]

■専門分野

消化器内科

■資格

日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医

■略歴

2008年埼玉医科大学卒業

消化器内科医師
宇賀治 良平 [常勤]

■専門分野

消化器一般

■資格

日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医

■略歴

2009年川崎医科大学卒業

ページのトップへ

浅原 副院長の掲載記事

カラー写真で必ずわかる! 消化器内視鏡

浅原副院長が分担執筆した、 『カラー写真で必ずわかる! 消化器内視鏡』が2005年10月20日に羊土社から発行されています。

ページのトップへ

診療科実績

■消化器内科の検査症例数【2016/1/1~12/31】

上部消化管内視鏡検査 6,352例
下部消化管内視鏡検査 2,372例
上部ESD 44例
下部ESD 24例
下部EMR 474例
止血術 102例
EUS 126例
上下部ステント 23例
食道静脈瘤硬化療法 61例
ERCP (内視鏡的逆行性胆管膵管造影)関連 338例 処置あり 318例
造影のみ 20例
PTGBD (経皮経肝胆嚢ドレナージ)関連 70例
PTCD (経皮経肝胆管ドレナージ)関連 67例
PTAD (経皮経肝膿瘍ドレナージ)関連 34例
腹部血管造影 140例 TAE 肝動脈塞栓術関連 129例
TAE 止血術関連 6例
動注 1例
腹部血管造影診断 4例
経皮経肝的門脈塞栓術 0例

ページのトップへ