ホーム 地域医療救急搬送症例検討会 > 第3回 救急搬送症例検討会

第3回 救急搬送症例検討会

第3回 救急搬送症例検討会


髙森院長から開会の挨拶

平成27年12月21日(月)18:00より、当院の講堂にて『第3回 救急搬送症例検討会』を船橋市内の救急隊員の方々をお招きして開催致しました。
救急隊員と当院の『顔の見える関係』をつくることが目的です。
当日は当院の医師・看護師をはじめ多くの職員が参加しました。


搬送までの様子を発表する救急隊員

検討された症例は10月に、当院に搬送されたお二人の傷病者。
演者は当院の外科 我妻医師、循環器内科部長 上田医師が担当しました。
まず、搬送を担当した救急隊員(今回は代理)に救急現場での患者さまの訴えや当院を選定して搬送するまでの様子を説明

その後、担当医師それぞれが、来院後に行った各種検査結果、治療・手術の内容、その後の経過を説明しました。急性腹症の中には、緊急性があり命を脅かす疾患などを紹介。これらは、分単位で悪化するためにできるだけ早い搬送を呼びかけました。また、失神のテーマでは、失神は再発率が高く、受け身をとることができずに転倒して外傷合併のリスクがあるなどの問題点を説明し、失神しないように身体を守るメカニズムを解説しました。
kyukyu_img_2_6
急性腹症(大腸穿孔の1例)を発表する
外科 我妻医師
kyukyu_img_2_5
失神発作の1例を発表する
循環器内科部長 上田医師

終了後には『救急現場で良く見る症状から、色々な病気が考えられてよかったです』『病院から救急隊への意見があったら聞いてみたいです』『このような機会があり顔の見える関係を作ることができました』などの嬉しいお声をいただきました。

kyukyu_img_2_4
質疑応答の様子

ページのトップへ


救急搬送症例検討会

047-774-0489

〒274-8503
千葉県船橋市高根台2-11-1

お問い合わせフォーム

スマホサイトはこちらから(※QRコード)

  • 看護部サイト
  • [人間ドッグ・健康診断のご案内]デジタル健診車新規導入にともない、出張健診も開始しています
  • ドック予約
  • [治験・臨床研究センター]人での安全性(薬の副作用)や有効性(薬の効き目)を調べるシステム
  • 感染制御部
  • 医療講演会のご案内
  • 病院情報の公表
  • 研修医募集
  • 日本医療機能評価機構 3rdG:Ver1.1 認定病院