ホーム病院情報 > 名誉院長挨拶

名誉院長 加納 宣康

名誉院長挨拶

 私は2016年4月に、20年間勤務した亀田総合病院から千葉徳洲会病院へ院長として移りました。
 移動2か月後の同年6月に脳出血で倒れ、さらに2017年4月に2回目の脳出血で倒れましたが、幸い、大きな後遺症もなく、職場復帰を果たすことができておりますのは、ひとえに千葉徳洲会病院の職員と皆様のご支援のお陰と感謝いたしております。
 千葉徳洲会病院へ移動後は、職員一同と共に努力した甲斐があって、赴任当時28人だった医師数も現在では50人以上になり、看護師数も増加して、2017年には看護基準も7対1を取得できました。経営も黒字化し、職員数も700人へと大幅に増加いたしました。
 私も当院赴任後満三年が経過し、各部署での職員の成長も著しいので、2019年4月には、名誉院長に就任いたしましたが、今後とも千葉徳洲会病院の発展に全力を尽くして参ります。
 また、私が名誉院長となりましたので、後任にはこれまで副院長として当院の発展に長年、貢献してきた鶴田好彦が院長に就任いたしました。新院長の下、これまで通り、救急診療とがん医療を2本柱として、さらに千葉徳洲会病院が発展していくものと期待いたしておりますので、皆様のご協力、ご支援をお願い申し上げます。

名誉院長プロフィール

略歴 1976年3月 岐阜大学医学部卒
1976年6月~1977年8月 岐阜大学医学部付属病院医員(研修医)(第一外科)
1977年9月~1980年8月 郡上中央病院外科医師 岐阜大学医学部研究生
1980年9月~1981年5月 岐阜大学医学部附属病院医員(第一外科)
1981年6月~1985年3月 国立東静病院外科医員 岐阜大学医学部研究生
この間(1983年6月8月)国立がんセンター厚生省計画研修(外科療法過程)
1985年4月~1986年3月 岐阜大学医学部文部教官(助手)(第一外科)
1986年4月~1987年9月 羽島市民病院外科部長
1987年10月~1991年5月 松波総合病院外科統括部長
なお1986年4月~1991年5月 岐阜大学医学部非常勤講師
1991年6月 帝京大学医学部外科学講座講師(附属溝口病院外科勤務)
1991年12月~1992年1月 客員教授としてインドへ腹腔鏡下手術の講演および手術指導に出張
1992年6月 神奈川県社会診療報酬請求書審査委員会審査委員
1992年9月 カルカッタ市へ客員教授として腹腔鏡下外科手術の指導に出張
1992年11月 インド・インドール市、マハトマ・ガンジー・メモリアル医科大学(M.G.M.医科大学)常任客員教授Permanent Visiting Professor
1993年2月 インド・インドール市、マハトマ・ガンジー・メモリアル医科大学(M.G.M.医科大学)名誉客員教授Honorary Visiting Professor
1993年7月 帝京大学医学部外科学講座助教授
1993年 米国外科学会(American College of Surgeons)のInternational Guest Scholar(日本人として初めての選出)
1995年 米国外科学会(American College of Surgeons)のfellow(F.A.C.S.)
1996年5月 亀田総合病院外科部長兼内視鏡下手術センター長
1997年2月 亀田総合病院主任外科部長、兼内視鏡下手術センター長
2003年4月 亀田総合病院 特命副院長、主任外科部長、内視鏡下手術センター長
2006年4月 帝京大学医学部外科学客員教授
2009年4月 安房地域医療センター 顧問(兼任)
2014年4月 亀田総合病院 副院長(外科顧問、内視鏡下手術センター長併任)
2014年11月 日本臨床外科学会賞受賞
2015年 日本腹部救急医学会、日本消化器外科学会、日本内視鏡外科学会の特別会員に選出
2016年4月 千葉徳洲会病院 院長就任
2019年4月 千葉徳洲会病院 名誉院長就任
所属学会
および
役員
日本外科学会代議員以外に、1990年より日本消化器外科学会評議員、日本胸部外科学会正会員、1991年より日本腹部救急医学会評議員、日本臨床外科医学会評議員、1992年12月 日本肝胆膵外科学会評議員、2003年12月 日本内視鏡外科学会技術認定審査委員会審査委員、2004年10月 日本肝胆膵外科学会編集委員、1999年Surgical EndoscopyのReviewer(査読委員)、2010 J.ACSのreviewerなど多数。

ページのトップへ