ホーム病院情報 > 理事長挨拶

社会貢献という使命 最高の医療・介護・福祉を提供できるよう頑張ります 一般社団法人徳洲会 理事長 鈴木 隆夫

理事長挨拶

徳洲会グループは“生命だけは平等だ”の哲学の下、「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会」を目指し、職員一同、日ごろから努力を続けています。
とくに離島・へき地医療、救急医療は徳洲会の原点として精力的に取り組んでいます。また、疾病構造の変化に対応し、がん医療も本格化しています。確実な治療法がない難病に対処するため、先進医療や臨床研究にも注力しています。もちろん、地域の患者様の医療ニーズに応え、慢性医療や予防医療も大きな柱に据えています。

一方、海外では欧州や南米に病院を建設、アジアやアフリカなど開発途上国には透析機器の寄贈、透析センターや看護学校の開設サポートなど、医療支援を実施しています。災害医療分野ではNPO法人TMAT(徳洲会医療救援隊)が、国内はもとより海外の被災地にいち早く出動し、危険がともなうなか、被災した方々のために、迅速・的確に救護活動を行っています。
民間の病院グループが、このような活動を行うことは極めて珍しいことですが、徳洲会は“生命だけは平等だ”という哲学の下、積極的に実行しています。

徳洲会は1973年の創立ですが、それ以前の構想段階から「弱っている方、困っている方に手を差し伸べる」ことを目標としていました。徳洲会は「社会貢献」という使命を生まれながらにもち、目の前の患者様に全力を尽くす患者様本位の医療を他に先駆けて実践してきました。「年中無休・24時間オープン」、「患者様からの贈り物は一切受け取らない」といった理念の実行方法も、その一端を表しています。

今後も徳洲会は挑戦者としての気構えをもち、グループ病院間、施設間で切磋琢磨すると同時に、互いに助け合いながら、最高の医療・介護・福祉を地域の皆様に提供できるように頑張っていきます。 患者様、利用者様、ご家族や取引先など関係者の皆様方、今後とも徳洲会グループに対する温かいご支援、ご指導をよろしくお願いいたします。

ページのトップへ